本文へスキップ
株式会社ホリウチ電子設計
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野6-9
電話:045-482-4170

                       

 
 水耕栽培セット  野菜育成ライト  GPSタイムサーバー  マイコンボード
 レトロ測定器販売 在庫部品販売1   在庫部材販売2  お問合せ


初春の時期は暖かくなるにつれ室内で葉物野菜を育てるのに最適な時期です。
いまこそ自宅で新鮮で柔らかい葉物野菜の水耕栽培を始めませんか?
室内栽培では嫌な害虫に大切な野菜を食べられることもなく土を使わないので手や足がよごれることもありません。

  
水耕栽培
  • 水耕栽培では、土の代わりに栽培トレイに入れた培養液を肥料として春菊やレタス、ミニ白菜、ミニトマトなどの野菜を栽培します。 
  • 水耕栽培で育てたレタスは露地栽培のものと比べて2倍以上の成長速度で栄養価も高くとてもみずみずしく柔かく美味しいのが特徴です。




    水耕栽培入門

    室内での水耕栽培であれば冬の間でも水耕栽培は可能で栽培トレイを日当たりのよい窓際に置く方法と
    野菜育成ライトを使用する方法の二つがあります。

    最も安価に水耕栽培を始めるには、市販のコンテナボックスを栽培トレイとして利用します。
    例として弊社水耕栽培セットHSA20を例に説明します。

     HSA20 簡易水耕栽培セット  
     簡易水耕栽培セット HSA20     


      栽培で1きる野菜の種類
    レタス、小松菜、春菊、チンゲン菜、ほうれん草、みつば、ミズナ、パセリ、クレソン、ルッコラ、ミニトマト,バジル、ルッコラ、クレソンなどのハーブ類

     栽培トレイの準備
    • 栽培トレイに下図のように水流発生器の吸盤を利用して先端部が液面から半分程出る位置にとりつけます。
    •  水流発生器   水流発生器のセット   エアーポンプ
    •     水流発生器             セットの仕方        エアーポンプ
    • 液の逆流を防ぐためエアーポンプは液面より高い位置に置きます。水流発生器の空気送り込み側のチューブをエアーポンプにつなぎます。
    • これは野菜の根に酸素を供給すると同時に培養液を循環させるためのものです。

     培養液の作り方
       濃縮培養液キット    

栽培トレイに水道水10リットルをいれます。
次に付属している2種類の濃縮培養液を各規定量を注いで十分かき混ぜておきます。


種蒔き

      種蒔き

付属の皿に付属の砂を入れ砂の表面すれすれまで水を注ぎます。その上に5ミリ程度の間隔に種を並べ、新聞紙などで全体を覆い発芽を待ちます。 

発芽温度(℃)
野菜の種類により発芽温度は以下のようになります。 

みつば、ルッコラ

 15-25

こまつ菜、チンゲン菜

 15-35

レタス、春菊、小松菜、ほうれん草

 15-20

サラダ京水菜、バジル

 20-25

ちりめんちしゃ、パセリ

 20

サラダカラシナ

 25-30

モロヘイヤ

 25

トマト

 20-30

 
発芽と生育速度
野菜の種類により発芽時間と生育期間が異なります。 もっとも生育の早いのはレタス類です。
発芽したら明るい場所に置き、双葉が出て茎が3センチ程に伸びてきたら次の作業に移ります


 スポンジ培地 
  スポンジ培地

  一体となっているスポンジ培地を切り離し、切り込みの端をハサミで切り離します。 

   スポンジ培地1    スポンジ培地2    スポンジ培地3

スポンジに水を含ませたあと軽く絞ってから発芽した野菜の茎の部分をスポンジではさみ栽培ベースの穴に挿入します。

栽培ベース
栽培ベース  育苗  


 養液濃度
本葉が5枚程度になったら1号を30ml2号を20ml程度追加して養液濃度をあげます。
栽培途中に養液が不足してきた場合は随時EC調整済の養液を補給してください。

 栽培中  春菊

 収穫時期となったら、周りの成長した葉から順番に収穫することで長い間、水耕栽培を楽しむことができます。


仕切り線
株式会社ホリウチ電子設計

〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野6-9-101
電  話: 045-482-4170
ファックス: 045-482-4171

TOP


水耕栽培入門・水耕栽培セット・野菜育成LEDライト

スマートフォン版

水耕栽培入門|野菜育成ライト|水耕栽培セット|水耕栽培ライト

水耕栽培入門には植物育成LEDライトと水耕栽培セットで事始め!

簡易水耕栽培セットで水耕栽培入門 水耕栽培 植物育成LEDライト

水耕栽培入門は水耕栽培セットで、野菜育成ライトで室内栽培